私たちにとってちょうどいい家

 

 

 

 

 

 

「終の住み家」 と決めたこの家で

いかに心地良く過ごせるかを考えてつくりました。

そこで大切にしたことは、

"あこがれの暮らし" ではなく "日々の暮らし"

私たちにとって本当に必要なものを選びました。

 

 

 

 

 

 

 

自分たちの生活スタイルに合わせた動線

朝起きてから家を出るまでの動作を一連して行えて

1日の始まりがスムーズになりました。

 

 

 

 

断熱性や風の通り道

壁にしっかりと断熱材を施工し、

風の流れを考えて窓の位置を決めました。

暖かく、涼しく、そして風がよく通るので

気持ち良く過ごすことができます。

 

 

 

 

収納専用の部屋

ほかの場所には収納をつくらず、

2人分のすべての荷物をここにしまっています。

 

 

 

 

キッチンうしろのパントリー

たった一畳のスペースですが

こんなにしまうことができます。

そして一目でわかるので便利です。

 

 

 

 

作業しやすいキッチンスペース

食洗器と食器棚の間隔がちょうどよくて

お皿を出したり、しまったりしやすいです。

 

 

 

 

たくさん話のできる距離感

いつでもお互いの顔を見ながら

過ごすことができます。

 

 

 

 

2人で塗った漆喰壁

 

 

 

 

肌触りと匂いの良い無垢の床

 

 

 

 

好きなところへ自由にいける

 

 

 

 

気持ちが良くて、いつもここ

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん考えてこだわったこの家は

2人と2匹にとってちょうどいい家になりました。

ここで過ごせることに幸せを感じる毎日です。

 

 

 

 

 

施工写真はこちら

口田の家