今と昔が出会った家

 

 

 

 

 

もう誰も住んでいなかった古いコンクリートの家。

 

私たちの好きな "クラシカル" をコンセプトに

明治・大正の洋館のような雰囲気を持つ住まいへと

つくりかえました。

 

 

 

間取りに対しての希望は

 

・増築がしてあった部分をなくして駐車場にしたい

・洗濯機も置ける脱衣洗面室がほしい

・壁に向けてあったキッチンはリビングに向けたい

・絵を描くためのアトリエに洗い場がほしい

 

現代の家ではむしろ当たり前になっていることだけでした。

 

 

 

 

 

~ 希望したプランで過ごしてみて ~

 

 

 

 

駐車場

減築、さらに壁を引っ込めて駐車場を確保できました。

 

 

引っ込めた壁の上にできた出窓は、

家の中も外も見えてお気に入りみたいです。

 

 

 

 

脱衣洗面室

コンパクトにおさまって良い雰囲気になりました。

 

 

 

 

キッチン

LDKが一直線になり、いい距離感になりました。

テレビも見られて、話もできます。

 

 

 

 

アトリエの洗い場

すぐに水が使えるので作業しやすく、

すごく便利です。

 

 

 

 

 

 

~ "クラシカル" になるように ~

 

 

 

 

弁柄色の壁

 

 

 

 

珪藻土の薄水色の壁

黄色のガラスの引戸

 

 

 

 

漆喰磨き仕上げの壁

 

 

 

 

元々あった紺色のタイル

 

 

色使いをこだわりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンクリートの家は壊せない壁が多く、

間口が広かったわけでもなく、

たくさんの制約がありました。

しかしその制約を逆手に取って、

元々この家が持っていた雰囲気を活かしながら

クラシカルな家をつくることができたと思います。

 

 

 

 

 

アンティークの家具や照明、3階のベランダなど

これから少しずつ変えていくのも楽しみです。

 

 

 

思い描いていた雰囲気でコンパクトに過ごせる

この家をすごく気に入っています。

 

 

 

 

 

施工写真はこちら

楠木町の家